緑内障|津市大江2丁目【ひがしやま瀬田眼科クリニック】|JR瀬田駅 車で8分|JR石山駅 車で12分

緑内障

緑内障とは

緑内障は、目の圧力(眼圧)で目の奥にある神経(視神経)がダメージを受けるため、ものの見える範囲(視野)が狭くなる病気です。

40歳以上の20人に1人は緑内障

緑内障の有病率は40歳以上で5%を超えるといわれています。つまり40歳以上の20人に1人の割合で発症していることにもなるため、はっきりとした自覚症状がなくても40歳を過ぎたら定期的に眼科で検査を受けることをお勧めします。

緑内障は日本人の失明原因の第1位です

日本人の失明原因の第1位は緑内障、第2位は糖尿病網膜症と報告されています。そのため進行する前に緑内障を早期発見することが重要です。

緑内障は気がつきにくい病気です

緑内障は初期には症状に気づかないことが多い病気です。そのため受診が遅れ、知らないうちに緑内障が進行していることも珍しくありません。また加齢ともに白内障や老眼など他の病気もでてくるため、見えにくかったとしても緑内障であることに気づかず発見が遅れることがあります。
なお緑内障には、眼痛や頭痛、吐き気などの症状がみられるタイプもありますが、ほとんどは初期段階で自覚症状がないタイプです。

緑内障は元に戻すことができない病気です

目の奥にある神経は一度障害を受けてしまうと元通りに戻すことはできず、放置のままの状態が続くと失明することもあります。そのため自己判断で治療を中断せず、定期的な受診と適切な治療が必要です。

検査について

緑内障に対する検査は、

これらの検査を総合的に判断して、緑内障の状態を判断します。

治療について

緑内障の治療は、一般的に ①点眼治療、②レーザー療治療、③手術治療の3種類あります。
まずは点眼治療で眼圧を下げる治療を行うことが多いです。点眼薬には作用が異なるものがたくさんあるため、患者様に応じた治療を行う必要があります。


ページ
TOPへ