医師紹介|津市大江2丁目【ひがしやま瀬田眼科クリニック】|JR瀬田駅 車で8分|JR石山駅 車で12分

医師紹介

院長ごあいさつ

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。院長の東山智明と申します。

開業前に勤務していた滋賀医科大学では、白内障や緑内障などの一般的な病気だけでなく、斜視などの専門分野でも診療・研究をしてきました。これら幅広い分野の研究で多くの論文を執筆し、国内外の学会で発表しました。また日本斜視弱視学会で表彰され、受賞記念講演も行いました。

当院では、大学病院の勤務で培った知識と経験を活かし、丁寧で分かりやすい説明を心がけております。小さなお子様からご年配の方まで、安心して治療を受けていただけるよう努めております。

また当院のロゴマークは、四つ葉のクローバーです。これはクリニックにお越しくださる患者様とそのご家族、またクリニックで働くスタッフなど、このクリニックに関わる全ての方が幸せになって欲しいという願いを込めてデザイン致しました。

目に関して気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。皆様の目のかかりつけ医としてお役に立ちたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

院長 東山 智明

院長 東山 智明

経歴

2006年
滋賀医科大学 医学部医学科 卒業
公立甲賀病院 初期研修医
2008年
滋賀医科大学 眼科医員
2010年
公立甲賀病院 眼科医員
2012年
滋賀医科大学 眼科助教
在職中、外来医長を担当
2016年
滋賀医科大学在職中に、滋賀医科大学 大学院医学研究科卒業 医学博士号取得
2019年
ひがしやま瀬田眼科クリニック 院長

専門医

  • 日本眼科学会認定 眼科専門医
  • 医学博士(滋賀医科大学)
  • 厚生労働省認定 医師臨床研修指導医
  • ボトックス治療認定医
  • 視覚障害者用補装具適合判定医師
  • OSCE頭頸部認定評価者

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本弱視斜視学会
  • 日本小児眼科学会
  • 日本神経眼科学会
  • 滋賀県眼科医会
  • 日本医師会
  • 大津市医師会

受賞歴

2013年
日本弱視斜視学会 国際学会若手支援プログラム賞受賞
2015年
日本弱視斜視学会 国内学会若手支援プログラム賞受賞
2016年
第72回日本弱視斜視学会総会 弓削賞受賞
滋賀医科大学眼科学講座 稲富賞受賞

業績

英文論文
  • Higashiyama T, Minamikawa T, Kakinoki M, Sawada O, Ohji M. Decreased orbital fat and enophthalmos due to bimatoprost: Quantitative analysis using magnetic resonance imaging. PLoS One. 2019;14(3):e0214065.
    邦題:緑内障患者におけるビマトプロスト点眼による眼窩脂肪の減少と眼球陥凹に関するMRIを用いた定量的解析
  • Higashiyama T, Ohji M. Treatment with bimatoprost for exophthalmos in patients with inactive thyroid-associated ophthalmopathy. Clin Ophthalmol. 2018;12:2415–2421. 邦題:甲状腺眼症の眼球突出に対するビマトプロストの治療効果
  • Higashiyama T, Mori H, Nakaji F, Ohji M. Comparison of a new biometer using swept-source optical coherence tomography and ma a conventional biometer using partial coherence interferometry. PLoS ONE 2018;13(4): e0196401.
    邦題:白内障眼におけるSS-OCTを用いた新型の眼軸長測定装置とPCIを用いた従来の眼軸長測定装置の比較
  • Higashiyama T, Iwasa M, Ohji M. Quantitative Analysis of Inflammation in Orbital Fat of Thyroid-associated Ophthalmopathy Using MRI Signal Intensity. Sci Rep. 2017;7(1):16874.
    邦題:甲状腺眼症の眼窩脂肪の炎症に対するMRIの信号強度を用いた定量的評価
  • Higashiyama T, Iwasa M, Ohji M. Changes in the anterior segment after cycloplegia with a biometer using swept-source optical coherence tomography. PLoS One. 2017;12(8):e0183378.
    邦題:SS-OCTを用いた測定装置による小児の調節麻痺後の前眼部変化
  • Higashiyama T, Muraki S, Ohji M. Usefulness of Intravitreal Bevacizumab for Retinopathy of Prematurity with Severely Dilated Tunica Vasculosa Lentis and Poor Mydriasis. Case Rep Ophthalmol 2017;8:173–179.
    邦題:著明な水晶体血管膜の拡張と散瞳不良を伴う未熟児網膜症に対するベバシズマブ硝子体注射の有用性
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M. Optical coherence tomography angiography in eyes with good visual acuity recovery after treatment for optic neuritis. PLoS One. 2017;12(2):e0172168.
    邦題:良好に視力が改善した視神経炎症例におけるOCT Angiography所見
  • Higashiyama T, Ichiyama Y, Muraki S, Nishida Y, Ohji M. Optical Coherence Tomography Angiography of Retinal Perfusion in Chiasmal Compression. Ophthalmic Surg Lasers Imaging Retina. 2016;47(8):724-729.
    邦題:OCT Angiographyを用いた視交叉部圧迫症例における網膜血流の評価
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M. Relationship between MRI Signal Intensity and Volume of Extraocular Muscles in Thyroid-Associated Ophthalmopathy with Methylprednisolone Pulse Therapy. Clin Ophthalmol. 2016;10:721-729.
    邦題:メチルプレドニゾロンパルス療法を施行した甲状腺眼症の外眼筋信号強度と体積の相関
  • Higashiyama T, Ichiyama Y, Muraki S, Nishida Y, Ohji M. Optical Coherence Tomography Angiography in a Patient with Optic Atrophy after Non-arteritic Anterior Ischemic Optic Neuropathy. Neuro-Ophthalmology. 2016;40(3):146-149.
    邦題:非動脈炎性虚血性視神経症におけるOCT Angiography所見
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M. Changes of orbital tissue volumes and proptosis in patients with thyroid extraocular muscle swelling after methylprednisolone pulse therapy. Jpn J Ophthalmol. 2015;59(6):430-435.
    邦題:メチルプレドニゾロンパルス療法を施行した甲状腺眼症における眼窩組織の体積と眼球突出度の変化
  • Higashiyama T, Nishida Y, Morino K, et al. Use of MRI signal intensity of extraocular muscles to evaluate methylprednisolone pulse therapy in thyroid-associated ophthalmopathy.Jpn J Ophthalmol. 2015;59(2):124-130.
    邦題:甲状腺眼症のメチルプレドニゾロンパルス療法におけるMRI信号強度を用いた外眼筋病変の評価
  • Higashiyama T, Nishida Y, Muaki S, Ohji M. Long-term outcomes of three cases that underwent a muscle transposition procedure without tenotomy caused by abducens palsy. Neuro-Ophthalmology, 2015;39(1):26-29.
    邦題:外転神経麻痺に対して切腱を伴わない外眼筋移動術を施行した3例の長期手術効果
  • Higashiyama T, Sawada O, Kakinoki M, Sawada T, Kawamura H, Ohji M. Prospective comparisons of intravitreal injections of triamcinolone acetonide and bevacizumab for macular oedema due to branch retinal vein occlusion. Acta Ophthalmol, 2013;91(4):318-24.
    邦題:網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するトリアムシノロンアセトニドとベバシズマブの硝子体内注射の比較
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ugi S, Ishida M, Nishio Y, Ohji M: A case of extraocular muscle swelling due to IgG4-related sclerosing disease. Jpn J Ophthalmol. 2011;55(3):315-317.
    邦題:IgG4関連眼疾患による外眼筋腫大を認めた1例
和文論文
  • 東山智明, 村木早苗, 石井正宏, 西田保裕, 大路正人.外斜視術後の戻りに対する両眼内直筋短縮術の手術効果. 眼科臨床紀要. 2012:5:42-45.
  • 東山智明, 丹羽雄一, 岡田明. 臨床所見から原因菌を推定した真菌性角膜炎の一例. 公立甲賀病院. 2010:13:65-69.
講演・セミナー・シンポジウム
  • 東山智明.IgG4関連眼疾患の臨床と最新情報.第18回近畿弱視斜視アフタヌーンセミナー.2019年2月23日(大阪).
  • 東山智明.甲状腺眼症 MRI画像と外眼筋障害・眼球突出の評価.第72回日本臨床眼科学会(シンポジウム).2018年10月11日~14日(東京).
  • 東山智明.非緑内障性視神経症の乳頭・黄斑血管密度.第29回日本緑内障学会(シンポジウム).2018年9月14日~16日(新潟).
  • 東山智明.甲状腺眼症の眼球運動障害と眼球突出の病態評価.第31回近畿神経眼科セミナー.2018年6月30日~7月1日(大阪).
  • 東山智明.斜視診療における画像診断.第2回京滋視能訓練士会(講演).2017年11月19日.(京都)
  • 東山智明.眼球運動障害.第55回日本神経眼科学会総会(教育講演).2017年11月10日~11日(横浜).
  • 東山智明.甲状腺眼症の病態評価.第121回日本眼科学会総会(教育セミナー).2017年4月6日~9日(東京).
  • 東山智明.視神経疾患におけるOCT Angiography.第29回近畿神経眼科セミナー.2016年7月16日~17日(大阪).
  • 東山智明.Use of MRI Signal Intensity of Extraocular Muscles to Evaluate Methylprednisolone Pulse Therapy in Thyroid-Associated Ophthalmopathy.第72回日本弱視斜視学会総会(弓削賞受賞記念講演).2016年6月24日~25日(横浜).
  • 東山智明.甲状腺眼症のMRI画像評価.第30回さざなみ眼科研究会(講演).2015年10月31日(大津).
  • 東山智明.斜視の画像診断.第6回夕照眼科懇話会(講演).2015年10月15日(草津).
  • 東山智明.斜視の画像診断.第28回近畿神経眼科セミナー.2015年7月18日~19日(大阪).
  • 東山智明.甲状腺眼症のMRI画像評価.第26回近畿神経眼科セミナー.2013年7月20日~21日(大阪).
市民公開講座
  • 東山智明.物が二重に見える症状.目の愛護デー 目の健康講座(市民公開講座 講演).2014年10月4日(大津)
著書・総説
  • 東山智明.手術手技のコツ 非共同性斜視の手術戦略 麻痺性. 眼科手術 31,89-92, 2018.
  • 東山智明.特発性視神経炎と多発性硬化症の視神経炎の診断・治療. 臨床眼科 71,1652-1656,2017.
  • 東山智明.【斜視治療アップデート】 外斜視に対する手術治療. 眼科 58,245-250,2016.
  • 東山智明. 薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識 眼科分野 甲状腺眼症の画像診断. 医薬ジャーナル 52,1389-1391,2016.
  • 東山智明.甲状腺眼症. あたらしい眼科 33,1687-1693,2016.
  • 東山智明.弱視・斜視 斜視の画像診断で何がわかるか教えてください. あたらしい眼科 33巻臨増, 101-105,2016.
  • 東山智明.A-V型外斜視. 今日の眼疾患治療指針第3版. 694-695, 医学書院, 2016.
  • 東山智明.形態覚遮断弱視. 今日の眼疾患治療指針第3版. 704, 医学書院, 2016.
  • 東山智明.頚動脈海綿静脈洞瘻. 今日の眼疾患治療指針第3版. 722-723, 医学書院,  2016.
  • 東山智明.斜視弱視. 今日の眼疾患治療指針第3版. 704-705, 医学書院, 2016.
  • 東山智明.廃用性外斜視. 今日の眼疾患治療指針第3版. 694, 医学書院, 2016.
  • 東山智明, 村木 早苗.斜視診療のコツ 画像診断. OCULISTA 25,27-36,2015.
  • 東山智明.心因性視覚障害. 東 範行(編):小児眼科学. 431-435, 三輪書店, 2015.
  • 東山智明, 村木 早苗.眼科診療のエッセンスQ&A 神経眼科疾患と全身疾患(Q10) 強度近視性固定内斜視の診断と治療を教えてください. あたらしい眼科31,148-149,2014.
学会発表(海外)
  • Higashiyama T, Minamikawa T, Kakinoki M, Sawada O, Ohji M. Decreased Orbital Fat and Enophthalmos due to Bimatoprost: Quantitative Analysis using Magnetic Resonance Imaging. 34th Asia-pacific Academy of Ophthalmology Congress. 2019年3月6日~9日(バンコク、タイ).
  • Higashiyama T, Iwasa M, Ohji M. Quantitative Analysis of Inflammation in Orbital Fat of Thyroid-Associated Ophthalmopathy Using MRI Signal Intensity. American Association for Pediatric Ophthalmology & Strabismus 44th Annual Meeting with 13th Meeting of the International Strabismological Association. 2018年3月18日~22日(ワシントン D.C.、米国).
  • Higashiyama T, Muraki S, Ohji M. Usefulness of Intravitreal Bevacizumab for Retinopathy of Prematurity with Severe Dilated Tunica Vasculosa Lentis and Poor Mydriasis. 33rd Asia-pacific Academy of Ophthalmology Congress. 2018年2月8日~11日(香港).
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M. Optical Coherence Tomography Angiography of Retinal Perfusion in Chiasmal Compression. 13th Meeting of European Neuro-Ophthalmological Society. 2017年9月10日~13日(ブダペスト、ハンガリー).
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M. Optical Coherence Tomography Angiography in a Patient with Optic Atrophy after Non-arteritic Anterior Ischemic Optic Neuropathy. 32th Asia-pacific Academy of Ophthalmology Congress. 2017年3月1日~5日(シンガポール).
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M. Optical coherence tomography angiography of eyes with good visual function after treatment for optic neuritis. American Academy of Ophthalmology 2016 Annual Meeting. 2016年10月15日~18日(シカゴ、米国).
  • Higashiyama T, Nishida Y, Muaki S, Ohji M. Relationship between MRI signal intensity and volume of extraocular muscles in thyroid-associated ophthalmopathy with methylprednisolone pulse therapy. 31th Asia-pacific Academy of Ophthalmology Congress. 2016年3月24日~27日(台北、台湾).
  • Higashiyama T, Muaki S, Nishida Y, Ohji M. The relationship between orbital fatty tissues and proptosis in thyroid-associated ophthalmopathy before and after methylprednisolone pulse therapy. 12th Meeting of the International Strabismological Association. 2014年12月1日~4日(京都).
  • Higashiyama T, Muaki S, Nishida Y, Ohji M. Three Cases with Abducens Palsy undergone Muscle Transposition Procedure and Followed for 12 Years or Longer. World Ophthalmology Congress 2014. 2014年4月2日~6日(東京).
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ichiyama Y, Muaki S, Ohji M. The MRI measurements of signal intensity and cross-sectional area of extraocular muscles in thyroid-associated ophthalmopathy before and after steroid pulse therapy. AAPOS-SNEC Joint Meeting. 2013年7月14日~16日(シンガポール).
  • Higashiyama T, Nishida Y, Ichiyama Y, Muaki S, Ohji M. Signal intensity measurement of magnetic resonance imaging for extraocular muscles inflammation in thyroid-associated ophthalmopathy before and after methylprednisolone pulse therapy. The Association for Research in Vision and Ophthalmology. 2013年5年5日~9日(シアトル、米国).
  • Higashiyama T, Sawada O, Sawada T, Kakinoki M, Kawamura H, Ohji M. Prospective comparison of the effects of intravitreal injections of bevacizumab and triamcinolone acetonide for macular edema due to branch retinal vein occlusion. The Association for Research in Vision and Ophthalmology. 2009年5月3日~7日(フロリダ、米国).
学会発表(国内)
  • 東山智明,大路正人.甲状腺眼症の眼球突出に対するビマトプロスト点眼の有効性評価.第56回日本神経眼科学会総会.2018年12月14日~15日(神戸).
  • 東山智明,大路正人.抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎におけるOCT Angiographyを用いた網膜血流の経時的変化.第55回日本神経眼科学会総会.2017年11月10日~11日.(横浜)
  • 東山智明,西田保裕,岩佐真紀,大路正人.甲状腺眼症の眼窩脂肪の炎症に対するMRIの信号強度を用いた定量的評価.第73回日本弱視斜視学会総会.2017年6月16日~17日.(金沢)
  • 東山智明,西田保裕,大路正人.虚血性視神経症のOCT Angiographyによる網膜血流の評価.第54回日本神経眼科学会総会.2016年11年25月-26日(宮崎).
  • 東山智明,西田保裕,大路正人.良好な治療効果が得られた視神経炎症例のOCT Angiographyを用いた網膜血流の評価.第33回日本眼循環学会.2016年7月22日~23日(福岡).
  • 東山智明,村木早苗,西田保裕,大路正人.長期経過後の術後外斜視のもどし手術における解剖学的に推測した筋付着部への縫着.第72回日本弱視斜視学会総会.2016年6月24日~25日(横浜).
  • 東山智明,村木早苗,大路正人.抗VEGF療法が奏功した著明な水晶体血管膜の拡張と散瞳不良を伴う未熟児網膜症の2例.第41回日本小児眼科学会総会.2016年6月24日~25日(横浜).
  • 東山智明,一山悠介,村木早苗,西田保裕,大路正人.OCT Angiographyを用いた視交叉部圧迫症例における網膜血流の評価.第120回日本眼科学会総会.2016年4月7日~10日(仙台).
  • 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人.ステロイドパルス後に再治療を要した甲状腺眼症の外眼筋信号強度の検討.第53回日本神経眼科学会総会.2015年11月6日~7日(埼玉).
  • 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人.ステロイド治療を施行した甲状腺眼症の外眼筋信号強度と眼球運動の相関.第71回日本弱視斜視学会総会.2015年7月3日~4日(神戸)
  • 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人.バドミントンシャトルによる外傷性視神経症の1例.第52回神経眼科学会.2014年12月12日~13日(千葉).
  • 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人.ステロイド治療を実施した甲状腺眼症の外眼筋信号強度と体積の計測.第51回神経眼科学会.2013年11月22日~23日(秋田).
  • 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人.ステロイド治療を施行した甲状腺眼症の眼窩組織体積と眼球突出度の計測.第67回日本臨床眼科学会.2013年10月31日~11月3日 (横浜).
  • 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人.外転神経麻痺に外眼筋移動術を施行後,長期経過観察した3例.第69回日本弱視斜視学会総会.2013年7月5日~6日(広島).
  • 東山智明,西田保裕,一山悠介,村木早苗,大路正人.甲状腺眼症の眼窩脂肪組織及び全眼窩組織の信号強度計測.第117回日本眼科学会総会.2013年4月4日~7日(東京).
  • 東山智明,西田保裕,一山悠介,村木早苗,大路正人.ステロイド治療を実施した甲状腺眼症の外眼筋信号強度と断面積の計測.第50回神経眼科学会.2012年11月16日~18日(京都).
  • 東山智明,西田保裕,一山悠介,村木早苗,大路正人.甲状腺眼症に対するステロイド治療前後のSTIR画像を用いた外眼筋の炎症評価.第66回日本臨床眼科学会.2012年10月25日~28日(京都).
  • 東山智明,村木早苗,石井正宏,西田保裕,大路正人.外斜視術後の戻りに対する両眼内直筋短縮術の効果について. 第67回日本弱視斜視学会総会.2011年7月1-2日(京都).
  • 東山智明,西田保裕,貴志明生,卯木 智,石田光明,前川 聡,大路正人.高IgG4血症を呈した外眼筋腫大症例.第47回日本神経眼科学会総.2009年11月13日~15日(東京).
  • 東山智明,澤田 修,柿木雅志,澤田智子,川村 肇,大路正人.網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する硝子体内注射の無作為前向き研究.第63回日本臨床眼科学会.2009年10月9日~12日(福岡).
  • 東山智明,西田保裕,貴志明生,卯木智,前川聡,大路正人.IgG4が高値であった外眼筋腫大症例.第125回京都眼科学会.2009年9月6日(京都).
  • 東山智明,澤田修,柿木雅志,澤田智子,川村肇,大路正人.網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するトリアムシノロンおよびベバシズマブの硝子体内注射の効果.第114回京都眼科学会.2008年6月1日(京都).
医療情報紙
  • Japan Medicine 特別編集版.2018年10月12日.
    第72回臨床眼科学会のシンポジウム「眼瞼・眼窩疾患の視機能を科学する‐病態と手術成績の客観的評価‐」で発表した「甲状腺眼症 MRI画像と外眼筋障害・眼球突出の評価」の内容がJapan Medicine 特別編集版に掲載されました。
研究費取得実績
  • 2017年・2018年度 文部科学省 科学研究費助成事業
    若手研究(B) 研究課題/領域番号 17K16966
    研究課題名:甲状腺眼症の眼球突出に対するBimatoprostの治療効果
  • 2015年度 滋賀医科大学 科研費奨励研究支援経費
    研究課題名:甲状腺眼症の眼球突出に対するBimatoprostの治療

ページ
TOPへ